園長 安江 奈留美

 暑い日と肌寒さを感じる日を交互に迎える中、鼻水が止まらない子が少しずつ増えているように感じる今日この頃です。それが花粉症なのか、風邪なのか、私たち大人も分からないような毎日ですが、大人も子どもも4月から頑張ってきた疲れが出る頃ですね。いよいよ本格的な暑さを迎えるにあたり、熱中症対策とも併せ、子ども達の健康管理には十分気を付けて保育にあたりたいと思います。お家でも、朝ご飯をしっかり食べさせ、水分を十分にとらせて保育園に出すことを心がけてください。

 さて今月は、園庭が春の花でとても賑やかでした。桜・パンジー・チューリップ・スイセン・アイリスと桜の開花が遅れた分、一気に咲いて一気に終わった印象でした。そんな中、園では例年以上に「散歩」に出かけることができました。最初は大きい子と小さい子がペアになって出かけ、その後、天気の良い日は積極的に、それぞれのクラスに合った形で散歩をしました。

4・5歳児は、子ども達の意見も取り入れながら、園周辺コースもいろいろなパターンが生まれつつあります。この活動からどんなことが生まれるのか、内心楽しみにしながら子どもたちを見ています。【園長・記】